ハウプロ活動ブログ | エアコンクリーニング・ハウスクリーニングの開業、研修はハウプロへ。

ハウスクリーニング専門のオンラインスクール ハウプロ
  • 0120-4510-83 時間 10:00〜18:00 年中無休 (年末年始は除く)
お問い合わせはこちら

ハウプロ活動ブログ

ハウスクリーニングの仕事は稼げるの??失敗しない”稼ぐ”方法とは

普段の掃除ではカバーしきれないエアコンやレンジフード、浴室などの水回りの頑固な汚れをキレイにするハウスクリーニング。
「エアコンクリーニングの予約が取れない」といったニュースを耳にすることで「需要のある業界なのでは?」と思い開業や起業を考える人は少なくありません。

でも、ハウスクリーニングって実際どのくらい稼げるの?

稼ぎが良いのか悪いのか、気になるところだと思います。

そんな方のために、本記事では「ハウスクリーニングは稼げるか」ズバリお答えします!
また、稼ぐためには何が必要なのかリアルな情報をお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

結論!ハウスクリーニングは稼げるのか否か



いきなりですが、結論からお伝えします。

ハウスクリーニングは、稼げます!

ただし、誰でも稼げるというわけではありません。
また「稼ぐ」の具体的金額は人によって感覚が変わると思いますので、そのあたりについて詳しく解説していきますね。


具体的にいくらくらい稼げるの?



ハウスクリーニングの年収は、エリアによって大きく変わります。
東京23区などの都市部は1年目で500〜700万円、2〜3年目で1,000万円は十分ねらえます。
地方だと1年目で300〜400万円、2〜3年目で600〜700万円をねらえると思います。

ただし、働き方によって金額は変動します。
また、技術を磨いて「短時間でクオリティの高い仕事ができるようになるか」が収入アップのカギとなります。

当たり前といえば当たり前ですが、やはり地方よりも都市部の方が稼げます。
都市部は生活費も高いため、少し郊外に住んで都市部で仕事をするのが賢い稼ぎ方と言えるかもしれませんね。


簡単に稼げるの?



具体的な金額をお見せして「お、けっこう良い金額いくな」と思われたかもしれません。
しかし、ハウスクリーニングは簡単に稼げる仕事ではないということを覚えておいてください。

ハウスクリーニングは「技術職」です。
掃除のスペシャリストとしてプロの誇りと技術を持って仕事と向き合わなければなりません。そう、美容師や医師と同じ専門職であり、誰にでもできる仕事ではないのです。

ただ、ハウスクリーニングが美容師や医師と異なるのは、学校で専門的に学ぶ必要がなく、資格も不要で、短期間で手に職をつけられるという点です。
比較的ハードルが低く、しっかりとスキルを身に付ければ誰にでも「稼げる」チャンスがあるという技術職(専門職)は多くないため、ねらい目と言えるでしょう。
また、クリーニングスキルを学び始めるのに年齢制限はありませんので、思い立てば誰でも挑戦できるという点も魅力です。


最短で稼ぐ方法とは?



最短で事業を軌道に乗せて稼ぐためには、そのノウハウがある人に聞くのが一番の近道です。
独学や我流でやっていこうとすると何度もつまずいて失敗して試行錯誤して……というのを繰り返すことになります。もちろんそれも成長のために非常に重要な体験となりますが、「最短」での成功は難しいでしょう。

そこで、既に経験を積み、事業を成功させるノウハウを持っている人に聞いて、同じやり方を実践することで、最短ルートで稼ぐ準備を進めるのです。

ハウスクリーニング業界に特化したスクール『ハウプロ』では、多くの受講生や卒業生を様々な角度で分析し、どうやったらうまくいくのか、逆に失敗するのかを全てマニュアル化しています。
ノウハウを惜しみなく提供するスクールとして、活用してみるのも良いでしょう。

↓【ホームページはこちら】↓
こちらをクリック





『稼ぐために大事な4つのポイント』



ハウスクリーニングで稼ぐために意識したい大切なポイントを4つご紹介します。


ポイント1. 起業の段取りをしっかりと



「起業は段取りが全て」と言っても過言ではないくらい、準備が大事です。

早稲田大学に合格したいのに慶応大学に受かるための勉強をしても落ちますよね?同じように、見当違いの準備をしても成功には結びつきません。
どうやったらハウスクリーニング業界で勝てるのかを、ゴールを知るところから始める必要があります。一般的なビジネスモデルではなく、とにかく「ハウスクリーニング業界」について、経営の段取りを徹底研究し、準備してください。

起業しようと思い立ったら即起業ではなく、1,2ヶ月かけてちゃんと研究と準備をすることをおすすめします。


ポイント2. 開業するタイミングは超大事



ハウスクリーニングにはシーズンがあります。
一番の繁忙期はエアコンクリーニングの依頼が殺到する夏です。

この夏前に開業するのがベストなタイミングです。
3,4月にエアコン技術習得を開始し、5〜8月はエアコンクリーニングの集客と施工に全集中できるよう、準備を整えましょう。

冬にも繁忙期があり、11〜1月は水回りの依頼が急増します。年末の大掃除のタイミングですね。ここをねらうなら、9,10月に水回りの技術習得を始めましょう。

タイミングを外してしまうと、開業時に必要になる資金(個人開業の場合は30〜100万、フランチャイズの場合は500万ほど)を回収できずに開業早々つまずいてしまいます。
※個人開業とフランチャイズ(FC)の違いやメリット・デメリットについては別記事で詳しく解説します。


ポイント3. 研修と準備には惜しみなく時間を割く



ハウスクリーニングで開業したいという方の中に、たびたび研修や準備期間を甘く見ている方がいらっしゃいます。
始動が遅いと打ち手の選択肢が狭く成功確率も低くなってしまうため、本格的に稼働したいと考えている時期から3ヶ月前には動き出す必要があると思ってください。

十分に期間を確保するだけでなく、研修と準備に向き合う姿勢も重要です。
「掃除なんて誰でもできる」という意識で臨んでは、成功は掴めないでしょう。何度も言いますがハウスクリーニングはプロフェッショナルな技術職です。プロ意識をもってお客様にご満足いただける仕事を遂行できるよう、集中して研修に臨みましょう。


ポイント4. マルチタスク能力を磨く



ハウスクリーニングで起業するということは、すなわち個人事業主(=経営者)になるということです。クリーニングの知識やスキルだけでなく、事業計画や集客、顧客とのコミュニケーションなど、さまざまな能力が求められます。

とくに短期で稼ぐなら、同時期にさまざまな仕事を進めなければならないため、やることがてんこ盛りになります。一点集中型でマルチタスクに向かない方は最短で効率よく稼ぐことは考えない方がいいかもしれません。


『ハウスクリーニングでは稼げない人』



最後に、ハウスクリーニングという仕事が向いていない人、この仕事では稼げない人の特徴をお伝えします。


・基礎体力が著しく低い人



ハウスクリーニングは、体力勝負という一面をもっています。
腰が悪い人など、身体に不調を抱えている人には向きません。体力がなく力仕事は苦手という方はやめておいた方がいいでしょう。

しっかりと身体作りをして、元気に過ごしていれば年齢は関係なく活躍できます。70歳でもバリバリ働いてバリバリ稼いでいる方もいらっしゃいます。


・マナーが悪い人



お客様のご自宅に出向き、そこで直接お客様とコミュニケーションを取って作業にあたる仕事なので、マナーは非常に大事です。
まめな報連相、小ぎれいな身だしなみ、丁寧な言葉づかいは最低ラインですし、顧客に好印象を与えられる方にはリピーターもついてきます。

逆にマナーが悪くお客様に不快な思いをさせてしまうとクレームにつながり評判を落とします。評判が落ちれば依頼もこなくなり、稼げなくなっていきます。


・パソコンが全く使えない人



今はなんでもかんでもインターネットの時代です。チラシや声掛けだけでは十分に集客できません。

専門的な知識は不要ですが、パソコンで文字を打つ、画像を載せるなどの基本操作スキルは必須です。パソコンを触らずに経営したいという人には不向きな仕事です。


まとめ



本記事では、「ハウスクリーニングは稼げるの?」というテーマで、ハウスクリーニング業界について詳しく解説しました。

内容について簡単にまとめます。

ハウスクリーニングは、技術職(専門職)だが資格などは不要
都市部は1年目で500〜700万円、2〜3年目で1,000万円、地方だと1年目で300〜400万円、2〜3年目で600〜700万円ほどの年収をねらえる。
最短で稼ぐにはノウハウを知っている人に聞くのが一番。『ハウプロ』などのスクールでスキル習得の研修や開業のサポートを受けるのが近道。
稼ぐためには、【起業の段取り・開業のタイミング・研修と準備・マルチタスク】が重要なポイントとなる。
ハウスクリーニングの仕事に向かない人は【体力が無い人・マナーが悪い人・パソコンが使えない人】

以上が要点となります。

本記事でも紹介した『ハウプロ』は、ハウスクリーニング業界初のオンラインスクールで、未経験の方はもちろん、プロとして活躍している方も利用しています。
丁寧な研修や、開業支援、イベントや交流会など、充実したサポート内容でハウスクリーニング業界を支えています。

副業からのスタートも十分可能ですので、いきなり本業ではなく、副業として経験を積んで自分のタイミングで本格スタートしたいという方にもおすすめです。

これから開業を考えている、興味があるという方は、是非お問い合せください。

↓【公式LINEはこちら】↓
こちらをクリック

PageTop

Copyright(C) HOWPRO All Right Reserved.